Company

会社概要

Outline

会社情報

社名
木下水産物株式会社
設立
昭和45年08月01日
資本金
1250万円
代表者
代表取締役社長 木下勝之
従業員数
16名(パート含む)
売上高
1068百万円(平成27年7月現在)
所在地
本社
〒649-5335
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地7-5-7

営業所・加工場
〒649-5335
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地8-6-5
TEL 0735-52-0071
FAX 0735-52-1238
取引銀行
紀陽銀行、新宮信用金庫、商工中金、第三銀行
取引先
大手量販店納品業者
各地中央卸売市場
その他外食産業
公式通販サイト
http://www.kinoshita-tuna.com/

アクセスマップ

Access map

History

沿革

  • 木下水産物沿革イメージ木下水産物沿革イメージ
  • 木下水産物沿革イメージ木下水産物沿革イメージ
  • 木下水産物沿革イメージ木下水産物沿革イメージ
  • 木下水産物沿革イメージ木下水産物沿革イメージ
  • 木下水産物沿革イメージ木下水産物沿革イメージ
大正元年
初代木下三吉が木下商店を勝浦仲の町で創業。
(当社の屋号「カクサン」は初代木下三吉の名前に由来するものである。)
当時は陸路が発達していなかったため、2隻の所有船により、買い付けた生まぐろを海路にて関東、時には北海道にまで届けていた。
戦時中
販売用の所有船2隻を接収され、事業を縮小する。
昭和20年
終戦の為二代目となる木下清之が帰還し再び業務に尽力する。
昭和32年
勝浦漁港市場が中之町から築地に移転とともに勝浦町築地7-5-7に商店を移転する。
昭和36年
木下清之が二代目となる。
この頃は物流の中心は鉄道であった為貨車にて全国に発送していた。
昭和38年
勝浦漁港市場移転とともに勝浦町築地7-5-7に商店を移転する。
昭和48年
木下水産物株式会社を設立。
木下清之が代表取締役社長に就任する。
昭和61年
三代目 木下雅雄が代表取締役社長に就任。
平成2年
四代目となる木下勝之が入社。勝浦でいち早く生まぐろ加工(ロイン)出荷に乗り出す。
平成8年
現在地築地8-6-5に衛生的な生まぐろ加工場が完成し、営業所を移転する。
本格的に加工事業が始まり、販路を拡大する。
平成11年
三代目 木下雅雄が退任し同社会長に就任。
四代目 木下勝之が代表取締役に就任。
平成26年
全く新しい食材の提案として、新食感「もちもちまぐろ」を発表、マスコミに取り上げられる。
平成26年10月
和歌山県経営革新計画の承認を受ける。
Other link

その他のコンテンツ

国産天然まぐろのご購入やその他SNSなど
こちらからご覧ください。

Recruit

木下水産物の採用情報

Read more